IDEA02

細長い敷地をうまく活用

細長い敷地を有効活用

旗竿地な上、細長いという難しい立地を上手く活かした間取りが実現しました。3LDK+和室という必要な居室を確保した上に、ワークスペースが2箇所というゆとり空間も。

Madorist

マドリニストのこだわり

M.Chi

リビング・ダイニング間で床の素材と高さを変え、空間を仕切りました。横に長い長方形の立地ではありましたが、ダイニングをキッチンに繋げることで、横の広がりを上手く活用しました。キッチンとして十分な広さを確保した上、作業性の高い動線に出来ました。また大容量収納を壁面に持ってくることで、すっきりとした生活が可能になりました。

外観とはうって変わって、玄関を入ると広がる和の空間。障子を閉めるとしっかりとした個室になるので、来客用としては、ちょっとした旅館の様。和のスペースに馴染んだ収納は、上から下までしっかり、たっぷり収納が可能です。また、1階は節の多い床材を使用する事で木の温もりが伝わります。

その他の「idea」を見る