「MADORI」にこだわります。

「MADORIST(建築家)」
間取りの探究者「MADORINIST(建築家)」は、日々の暮らしを快適にするアイディアを数多く持っています。家族構成や生活スタイルなど、様々な要素を多様な角度からイメージし、間取りにしていきます。こんな生活がしたい!と思ったら、まずは相談してください。
  • その土地に立った時の感覚を大切にする

    その土地に立った時の感覚を大切にする

    光・風・音

    1. 敷地をよむ
    隣接する建物、接面道路の方向、陽の当たりやすさ、風の向き、周りの風景、それに加えて、法律的な規制。全てを考慮して、敷地の使い方を考え尽くします。
    2. 太陽と上手くつきあう
    夏と冬とでは、窓から入る陽の光の差し込み方が全く違います。夏は厳しい日差しを避け、冬は暖かい光を取り入れる。どちらも可能にできる開口の位置は?を考え尽
    3. 心地よい風を求めて
    通常は南北の風を意識してデザインしますが、時に全く違うことも。
    敷地の環境をしっかりと調査し、風を呼び込む窓、風を送り出す窓を考え尽くします。
  • 楽しいの芽を見つける

    楽しいの芽を見つける

    「どんな暮らし方がしたいのか?」は、人それぞれ。

    私たちは、住む人にしかわからない「こだわり」や「決まり事・習慣」、それに加えて「こんな風になりたいな。」という理想や想いを調和させて暮らしに落とし込みます。

    対話を重ね続けることで、住む人も気が付かなかった「毎日が楽しくなる!」芽を見つけ出します。

  • カタチは毎日から生まれる

    カタチは毎日から生まれる

    毎日の暮らしを快適に過ごす為の空間づくり。曲線を使う、奥行きを作る、開口の位置を考える。自分にしっくりとくる空間を創り出すカタチ。

    居場所が暮らしに馴染む為の、「このカタチだから」を、散りばめます。

    それらは、住めば住むほどに生活に馴染み、お気に入りの場所となるのです。

MADORINIST
MADORI IDEA 土地の特徴を活かした家づくり
土地パターン別
IDEA_36NEW

敷地面積
90.01㎡

間口
4,950m

3LDK

建築面積 53.46㎡
延床面積 108.54㎡
(1階床面積 /53.46㎡・2階床面積/51.84㎡・3階床面積/3.24㎡)

床座生活にすることで、
約27坪の土地でも狭さを感じない
快適な生活に

仕事も遊びも愉しめる暮らし


床座生活にすることで、
約27坪の土地でも狭さを感じない快適な生活
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
床座生活にすることで視界を下げ落ち着けるくつろぎの空間に。

◇窓際のベンチスペース
ソファーを置かない床座生活は、座るスペースを限定しません。
お客様がたくさん来てもリビングのどこでもくつろいでいただけます。
くつろぐ姿勢での視界を低くしたことで実際よりも広く見えるリビングに。


◇27坪の土地は十分?
家は広さだけではありません。
LDKは、20.3畳。リビングの広さはだいたい10畳程度ですが、ソファーを置かないことで広く使えます。ダイニングはキッチンと繋げ、背面には収納を十分にとる。27坪とは思えない開放感が生まれています。



流行りのインダストリアルデザインが合う仕様
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
窓のサッシや階段を黒にすることで、流行りのインダストリアルな雰囲気に。

家事をしながら子供の勉強を見てあげることもできるワークスペースは、壁面を有効ボードに。
お気に入りの写真や絵など、自由に貼ったり、ぶら下げて自由にカスタマイズできるようになっています。
使い勝手も見た目もよく、さらにインダストリアル感を演出しています。
間取りだけでなく仕様もマドリニストが選びます。
トータルデザインなら「セセラの家」です。


仕事も遊びも!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◇ルーフバルコニーを愉しむ
ルーフバルコニーは。パーティーや天体観測もできるアウトドアスペース。
広さは8.5帖とゆったりです。


◇共働き夫婦におくる
仕事をしながら、子育てをする。
私自身もそうなのでよくわかりますが、仕事をしながら子育てに大切なことは「時間」。
いかに時間を上手くつかえるか?!がポイントになります。
この時間を作り出すのは間取りと収納がとても重要です。
こちらは家事導線の良い配置と、十分なサイズの収納を兼ね備えた間取りです。
共働きのご夫婦は、ぜひこの図面をみながらご自分の暮らしと重ねてお話ししてみてください。

そしてお話合いが終わったら、一度マドリニストに内容をお聞かせくださいね。

土地パターン別
IDEA_37NEW

敷地面積
80.36㎡

間口
4,950m

3LDK

建築面積 42.32㎡
延床面積 109.13㎡
(1階床面積 /36.24㎡・2階床面積/40.09㎡・3階床面積/32.80㎡)

スペースの有効活用が魅力の3階建

スペースの有効活用が魅力の3階建


フロアが増えたことで
欲しかった空間が全て叶った間取り
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
土地坪約24.31坪でも3階縦にすることで、欲しかった空間ができました。


●キッチン脇の巨大パントリー
物が集まるキッチンには、通常使うものとストックしておきたいものを一緒にまとめて収納したい。
約半畳の扉付きパントリーで、あれもこれもしまっちゃおう!

●ダイニングにあるカウンタースペース
お子様が勉強したり、奥様のちょっとした家事にも!
目の前には窓もあり明るいワークスペースに。

●独立ワークスペース
玄関脇に設置した独立ワークスペース。
鍵もかけられるので、大事な書類をお子様に触られる心配もありません。
また生活フロアとも分けられているので、ONとOFFとの区別がつけられます。

●広々バルコニー
広々バルコニーはふたつの個室を繋ぐことも可能。
家づくりで必要だけど、意外と忘れがちな家事のひとつ。「布団干し」もラクラク♪

人気のエリアでは十分な広さの土地の購入はなかなか難しいもの。
3階建てにすることで延べ床面積は100㎡以上にもなります。
2階建と比べ建築費用は少し上がってしまいますが、最高の立地住む選択肢としてはデメリットばかりではありません。

この敷地どうしたらいいのか迷ったらマドリニストにご相談ください。

もっとIDEAがみたい人は
メルマガへ登録へ!

未公開物件先行お知らせ、土地パターン別間取りIDEAなど メルマガ登録する

私たちのつよみ

設計+工務店という考え方

自社で施工しているから、現場監督、設計士が共に社内にいます。
設計士の想いをスムーズに忠実に実現してくれます。

初めから最後まで担当します

はじめのご提案から最後のお引き渡しまで一人のマドリニストが担当します。大手メーカーではコーディネーターがする仕事等も全て一人の担当設計士が行うことで、トータルコーディネートが叶います。