窓の活かし方窓で決まる⁈住まいの快適さ

住まいの快適さを決める際には、窓の位置や種類が極めて重要です。
窓の種類や位置を失敗すると家に光が入らないだけでなく、室内の通気性が悪くなったり家が窮屈に感じたりしてしまいます。
さらに近年では窓の性能が格段によくなっている為、嫌な湿気や冬の寒さ夏の暑さに悩まされることなく年中快適な毎日が暮らせます。
マドリニストおすすめの窓選びのポイントやアイデアをご紹介します。

窓で決まる⁈住まいの快適さ

窓の種類はその開け方や形、用途によって様々です。ポイントは、見た目が美しいこと、採光を確保すること、通風がよいこと。そして、熱損失が大きいとされているので、断熱性があること。
例えば、開閉のできないフィックス窓は、本来であれば壁になるところに採用することで視界の広がり、開放感、明るさを暮らしに取り入れてくれます。しかし、窓は壁と比べて熱の伝導率や熱損失が高い。その為、高性能なフィックス窓で快適な暮らしが実現します。

人気のエリアでは納得の土地を手に入れることはなかなか難しいのが現状です。
「セセラの家」が建築するエリアは狭小地が比較的多く間取りに工夫が必要です。壁に窓を設けてしまうとお隣さんと隣接しすぎてしまっている。接道していて道を歩く人の視線が気になる。線路が目の前で音も視線も気になる。そんな立地でも快適に暮らせる工夫として天窓がオススメ。
お家時間が長くなっている今日。長時間でもストレスのない家に住んでもらいたい!

家に求めることランキングでも上位、弊社オーナー様からのご要望でも上位にくる「明るさと広さ、開放感」。広さが充分なくても開口を大きくとることで解決できます。しかし、ここで肝心なのは、外からの温度の影響と内部の熱を逃すのは開口部であること。
失敗しやすい窓の使い方として、「リビングを明るくしたくて、大開口をむやみに設置」すること。
西日で夏は暑くて部屋にいられないし、冬は結露に悩まされる…冷暖暖房が効かなくて冬の電気代が怖い…などの問題が発生。これは、開口からの熱ロスが原因です。
「セセラの家」は我慢しない家。開口の熱損失にはとても拘っています。
住んで10年後もずっと快適な毎日を送っていただく為にも窓の性能は必ずチェックして欲しいポイントです。

PHOTO