天井次第で、空間は変わる見上げたくなる空間づくり

家づくりをする時に、天井のデザインまで意識できる人は少ないのではないでしょうか?天井は、形や使用する素材の選び方次第で空間の印象が、随分変わります。
天井に工夫を施すことで、空間を広く見せたり、印象を大きく変えたり、部屋と部屋の空間の変化を生んだりもできるのです。
つい見上げたくなる天井のアイデアをご紹介します。

見上げたくなる空間づくり

勾配天井とはその名の通り、斜めに傾斜している天井のことです。同じ空間に天井高低差があることで、低いところから高いところへの空間の広がりを演出できます。
あまり大きさをとることができないLDKの場合でも勾配天井にすることで、開放感を得ることができます。
また、高い位置に窓を設置することで、風と光を取り入れることができ、明るく風通しのよいリビングになります。

吹抜けとは、1階部分の天井・2階部分の床を抜いた空間のことで、主にリビングや玄関、階段スペース部分に設けられます。
吹き抜けは勾配天井と同じく、開放感や自然光をたくさん取り入れられるというメリットがあります。
反面、空間が広く、冷暖房の負荷が高くなり光熱費がかかるのでは?という声も。
ご安心ください。「セセラの家」は、高気密・高断熱住宅で、家全体が魔法瓶の様。
間仕切らない間取りの方が効率の良い冷暖房の使い方になる家づくりです。

吹き抜け空間にちょっとした工夫。本来壁がある箇所に室内窓を設けました。壁の圧迫感がなくなり、さらに開放感が増します。
また、室内窓は、開放すると、家族の気配を感じることができ、匂いや音が気になる場合は閉める。といったようにフレキシブルな使い方も可能です。

PHOTO

その他のIDEA