伝統的な日本の間取り汎用性の高い癒しの畳空間

こたつを置けば居間に、布団を敷けば寝室になる。
和室を設ける一番のメリットは、自由自在に使える汎用性。
特に土地が狭い家づくりの場合、自在に使える和室は生活に寄り添った部屋として重宝します。
温度調整に優れ、リラックス効果も期待できる和室のアイデアをご紹介します。

汎用性の高い癒しの畳空間

リビングに小上がりの畳スペースを設けることで、間仕切りをしなくても、空間の使い分けができます。
また、小上がりにすることで、ベンチとして利用したり、和室下のスペースを引き出しタイプの収納にしたりとさらに機能的に活用できます。ゆっくり寛いだり、お子様の遊び場や、お子様が小さいうちはオムツを替えるスペースとしても活躍しそうです。
洋室と組み合わせる際のテクニックとしてもオススメです。

畳を見直そう!
フローリングの家が増える中、畳にはフローリングにはない魅力があります。
畳はクッション性が高い為、気軽に寝転べるためお昼寝などにも使え、ヨガやストレッチなど運動スペースにも。テレワークが進む現代の間取りには積極的に取り入れたい!
畳の色やバリエーションも増え、近年ではお洒落なものがたくさん出ています。洋室のリビングでも溶け込みます。

来客の客間として使えるのも和室のポイントの一つ。
和室の場所にこだわって間取りを計画。リビング脇に設置しがちな和室ですが、玄関脇に設置すると、室内にある縁側のような使い方もできますし、短期間の同居生活にも。ゲストが住んでいる人に気兼ねなく使用できます。田舎から上京したご両親など、長く快適にご宿泊していただけます。
ちょっとした旅館の様。
襖を閉めて個室としての使用や解放して見せる収納で楽しむのもオススメです。

PHOTO