仕事が捗るワークスペース 在宅ワーカーのための場所

コロナ禍で大きく変わった生活スタイルといえば、テレワーク。家で仕事をしてみて初めてわかる「騒音、明るさ、使い勝手」。
快適で仕事が捗るスペースはその人、その人の毎日の生活スタイルや、家族構成によっても変わってきます。
仕事が捗る場所「ワークスペース」の家づくりを働きたいスタイルに別にご提案します。

在宅ワーカーのための場所

家の中だとなかなか仕事モードになれない...
なんてことありませんか?そんな時は、集中できる完全な個室を。ONとOFFを完全に使い分けることができます。鍵もかけられるので、デスクを片付けなくても外出することも可能で、お子様のイタズラも心配ありません。

狭い空間はあまり好きじゃない…。というあなたには、
個室でもなく、部屋の一角でもない「スキップフロア」や「階段の踊り場」をワークスペースにするのがおすすめです。
まわりの気配をかんじながらもきちんと集中できる。
高低差がある一軒家からできるワークスペース。

時には空をみあげたい…。リビング脇にもうけたカウンターデスク。大開口で外からの景色をみながら仕事ができます。
時には外を感じながら、妄想にふけると新しいアイデアも生まれます。

PHOTO

その他のIDEA