MADORI間取り
MADORI IDEA
土地パターン別 間取りIDEA_64

リビングに半個室型ワークスペースのある家

敷地面積
85.54㎡

間口
6.3m

3LDK

建築面積 51.03㎡
延床面積 102.47㎡
(1階床面積 /47.79㎡・2階床面積/51.03㎡)

リビングに半個室型ワークスペースのある家

「在宅ワークに集中したい」
「子供にリビング学習をさせたい」
そんな理由から、ワークスペースを希望されたオーナー様。
お子様が小学生お2人なので、奥様は在宅ワークをしながらも子どもたちの様子も気になるところ。
奥様がキッチンに立っている間にリビングで勉強を。

この両方が叶うように、リビングにカウンターデスクを。

集中もできるように!とマドリニストが考えたのが「半個室型ワークスペース」
ほどよいプライベート感をつくり出すために、身長より少し低めの壁で仕切り、デスクを設置しました。

以前はワークスペースや書斎というと、個室タイプが主流でしたが、最近は家族で使えるオープンタイプや、このお家の様に半個室タイプも人気です。

完全に仕切らないことで圧迫感が少なく、空調や換気の心配もありません。

一口にワークスペースといっても、完全個室・オープン・半個室とさまざまなつくりかたがあります。

長時間しっかりとお仕事に集中したいのか、家族で話しながら作業する場にしたいのか、ライフスタイルによってどんなワークスペースが使いやすいのかは変わってきます。

セセラの家ではご家族にぴったりの形をご提案させていただきますので、ぜひご相談ください。

マドリニストによる間取りのIDEA

  • 駐車場直結キッチンの間取り
  • いいコトたくさんの回遊間取り
  • 狭小地でも実現する収納の充実
  • 勾配天井から屋根裏収納があらわれる家
  • 外観もほっこり!アートな家
  • リビングに半個室型ワークスペースのある家
  • 旗竿地の秘密基地「ルーフバルコニー」を愉しむ
  • パントリーが実現する家事ストレスのない家づくり
  • 快適なワークスペースとは?
  • お部屋の印象を変える木目の使い方
  • アクセントカラーを愉しむ
  • 13坪の家 変形地を攻略
  • セカンドリビングを実現する間取りアイデア
  • 狭小地間取りはこうすると広くなる
  • 家事楽 ランドリールーム
  • スケルトン階段で広がりと明るさを演出
  • 人生で変化する事しない事に対応した間取り
  • 造作でつくろう!<br>注文住宅だからこそできる!<br>オリジナル背面収納はこれだ!!
  • 大容量!シューズインクローゼット
  • 使える!!対面キッチンカウンター
  • ステップダウンフロアで空間をゆるく間仕切る
  • ウッドデッキのある暮らし
  • おすすめ間取り 家事楽
  • 将来を考えた間取り
  • 暮らしに必要なものを使いやすく配置
  • デッドスペースはつくらない
  • 家族がつながる
  • 敷地を無駄にしない間取り
  • 料理に集中したいなら、独立型キッチン
  • 家族のこれからに寄り添った間取り
  • あえて収納部屋をつくる
  • 土地面積約20坪でも延べ床面積90㎡を確保
  • 30坪の変形地はこう活かす
  • 長方形の敷地はリビングとダイニングをバルコニーでつなぐ
  • スペースの有効活用が魅力の3階建
  • 床座生活にすることで、<br>約27坪の土地でも狭さを感じない<br>快適な生活に
  • 細長い敷地を有効活用
  • お気に入りの場所のある家
  • 日本の四季を感じられる贅沢な暮らし
  • リビングの広さはどれくらい必要?
  • 洋服と靴が好きなら?かかせないのは収納!
  • え?!こんな土地の形でも?上手く収まった間取り
  • 週末は趣味をとことん愉しむ
  • もっと料理が好きになる!家事をスマートに
  • 型にはまらない自由な間取り
  • 年中、室温22度で家中快適!
  • 三角地を上手く生かす2つの方法
  • ウッドデッキと掛け合わせたい!巨大アトリウムで開放感がありすぎる家
  • くつろぎスペースはリビングだけじゃない!畳の部屋を見直そう!
  • 家事導線を考えるなら細長の敷地が最適な理由
モデルハウスを見る 相談する 資料請求 TEL