MADORI間取り
MADORI IDEA
土地パターン別 間取りIDEA_56

狭小地間取りはこうすると広くなる

敷地面積
46.61㎡

間口
4.2m

3LDK

建築面積 27.48㎡
延床面積 83.77㎡
(1階床面積 /29.59㎡・2階床面積/27.09㎡・3階床面積/27.09㎡)

狭小地間取りはこうすると広くなる

狭小地の限られた面積の中で、より快適に暮らすためには、ひと工夫が必要です。
今回の土地は、14坪ながら、3階建てにし、廊下や収納、階段の配置の工夫で延べ床83.77㎡の3LDKが実現しました。

『空間を細かく区切らない』
部屋数を多くするなどして空間を細かく区切り過ぎると、圧迫感や閉塞感が出やすくなり開放感が損なわれます。
家の中の風通しや採光の面においても、快適になりました。

『廊下の面積を少なくする』
廊下は通り過ぎるだけの空間。リビングやキッチン、寝室など、ひとつの場所に落ち着く空間に比べて割り当てる床面積をなるべく少なくして無駄を省きました。

『収納スペースを最大限に確保する』
家の中のあらゆる壁は、床から天井まで全て収納スペースとして利用できる可能性があります。
スペースの限られる狭小住宅では、デッドスペースになりえる壁を最大限有効活用し、階段箇所に収納やお手洗いを配置することで、居住スペースを最大限に活用しています。


狭小住宅は、間取りや収納を工夫することで十分に快適に暮らせます。
さらに土地や建物の取得と維持にかかるコストを抑えられるため、住みたい場所を選ぶ自由度があがります。
理想のライフスタイルを実現するための選択肢として、狭小住宅をぜひ検討してみてください!

マドリニストによる間取りのIDEA

  • 快適なワークスペースとは?
  • お部屋の印象を変える木目の使い方
  • アクセントカラーを愉しむ
  • 13坪の家 変形地を攻略
  • セカンドリビングを実現する間取りアイデア
  • 狭小地間取りはこうすると広くなる
  • 家事楽 ランドリールーム
  • スケルトン階段で広がりと明るさを演出
  • 人生で変化する事しない事に対応した間取り
  • 造作でつくろう!<br>注文住宅だからこそできる!<br>オリジナル背面収納はこれだ!!
  • 大容量!シューズインクローゼット
  • 使える!!対面キッチンカウンター
  • ステップダウンフロアで空間をゆるく間仕切る
  • ウッドデッキのある暮らし
  • おすすめ間取り 家事楽
  • 将来を考えた間取り
  • 暮らしに必要なものを使いやすく配置
  • デッドスペースはつくらない
  • 家族がつながる
  • 敷地を無駄にしない間取り
  • 料理に集中したいなら、独立型キッチン
  • 家族のこれからに寄り添った間取り
  • あえて収納部屋をつくる
  • 土地面積約20坪でも延べ床面積90㎡を確保
  • 30坪の変形地はこう活かす
  • 長方形の敷地はリビングとダイニングをバルコニーでつなぐ
  • スペースの有効活用が魅力の3階建
  • 床座生活にすることで、<br>約27坪の土地でも狭さを感じない<br>快適な生活に
  • 細長い敷地を有効活用
  • お気に入りの場所のある家
  • 日本の四季を感じられる贅沢な暮らし
  • リビングの広さはどれくらい必要?
  • 洋服と靴が好きなら?かかせないのは収納!
  • え?!こんな土地の形でも?上手く収まった間取り
  • 週末は趣味をとことん愉しむ
  • もっと料理が好きになる!家事をスマートに
  • 型にはまらない自由な間取り
  • 年中、室温22度で家中快適!
  • 三角地を上手く生かす2つの方法
  • ウッドデッキと掛け合わせたい!巨大アトリウムで開放感がありすぎる家
  • くつろぎスペースはリビングだけじゃない!畳の部屋を見直そう!
  • 家事導線を考えるなら細長の敷地が最適な理由
モデルハウスを見る 相談する 資料請求 TEL