MADORI間取り
MADORI IDEA
土地パターン別 間取りIDEA_13

三角地を上手く生かす2つの方法

敷地面積
102.97㎡

間口
9,000m

4LDK

建築面積 61.78㎡
延床面積 114.02㎡
(1階床面積 /59.43㎡・2階床面積/54.49㎡)

三角地を活かして創る真三角の土地にすっぽりと延べ床約114㎡が入りました。

余った土地は駐車場とガーデニングに
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
三角地はどうしても建築物のまわりの土地が余ってしまいます。
この余りをどう使うのか??

このプランは、駐車場を2つにわけ、植栽を心地よくあしらうことでデメリットをメリットにかえました。

駅から遠いこちらの家では車2台は必須です。2台を並べないことで乗降もラクラク。
また、ところどころにあるミニガーデンでは植物の種類によってあしらいをかえて、季節によって愉しむことが可能に。
玄関ポーチにもゆとりをもたせ外観に迫力と高級感を創り出しました。


開口で明るく広く魅せる
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
三角地では、長方形や正方形の土地に比べて前面が開けている場合が多いのが特徴です。

こちらのプランも前面道路の幅が広く近隣の住宅との距離がありました。
そのため2階にLDKを配置し、バルコニーと凹凸部分すべてに窓を設けることで外と繋がりを持つ明るく開放感のある空間がうまれました。
バルコニーに面したワークスペースで新しい時代の働き方にも対応しています。

セセラの家は西宮で生まれたブランドです。
西宮は全国でも住みたい町ランキング上位のエリアで狭小地や変形地が多くあります。
難しいと言われる土地を数多くこなしてきたマドリニストに変形地はおまかせ!

マドリニストによる間取りのIDEA

  • 快適なワークスペースとは?
  • お部屋の印象を変える木目の使い方
  • アクセントカラーを愉しむ
  • 13坪の家 変形地を攻略
  • セカンドリビングを実現する間取りアイデア
  • 狭小地間取りはこうすると広くなる
  • 家事楽 ランドリールーム
  • スケルトン階段で広がりと明るさを演出
  • 人生で変化する事しない事に対応した間取り
  • 造作でつくろう!<br>注文住宅だからこそできる!<br>オリジナル背面収納はこれだ!!
  • 大容量!シューズインクローゼット
  • 使える!!対面キッチンカウンター
  • ステップダウンフロアで空間をゆるく間仕切る
  • ウッドデッキのある暮らし
  • おすすめ間取り 家事楽
  • 将来を考えた間取り
  • 暮らしに必要なものを使いやすく配置
  • デッドスペースはつくらない
  • 家族がつながる
  • 敷地を無駄にしない間取り
  • 料理に集中したいなら、独立型キッチン
  • 家族のこれからに寄り添った間取り
  • あえて収納部屋をつくる
  • 土地面積約20坪でも延べ床面積90㎡を確保
  • 30坪の変形地はこう活かす
  • 長方形の敷地はリビングとダイニングをバルコニーでつなぐ
  • スペースの有効活用が魅力の3階建
  • 床座生活にすることで、<br>約27坪の土地でも狭さを感じない<br>快適な生活に
  • 細長い敷地を有効活用
  • お気に入りの場所のある家
  • 日本の四季を感じられる贅沢な暮らし
  • リビングの広さはどれくらい必要?
  • 洋服と靴が好きなら?かかせないのは収納!
  • え?!こんな土地の形でも?上手く収まった間取り
  • 週末は趣味をとことん愉しむ
  • もっと料理が好きになる!家事をスマートに
  • 型にはまらない自由な間取り
  • 年中、室温22度で家中快適!
  • 三角地を上手く生かす2つの方法
  • ウッドデッキと掛け合わせたい!巨大アトリウムで開放感がありすぎる家
  • くつろぎスペースはリビングだけじゃない!畳の部屋を見直そう!
  • 家事導線を考えるなら細長の敷地が最適な理由
モデルハウスを見る 相談する 資料請求 TEL