MADORI間取り
MADORI IDEA
土地パターン別 間取りIDEA_24

日本の四季を感じられる贅沢な暮らし

敷地面積
250.66㎡

間口
10,920m

4LDK + 和室

建築面積 76.60㎡
延床面積 132.91㎡
(1階床面積 /76.60㎡・2階床面積/56.31㎡)

大邸宅。デザイン性の高い注文住宅。


中庭を中心に
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
家の中心に人が集まるように建物をコの字型にし、中庭とウッドデッキを配置した。
LDKも23帖という大邸宅ではあるが、大人数のパーティーでも自然と人が集まる設計となっている。

家は内部や主要な個室だけをデザインするのではなく、外との繋がりや空きの空間部分をデザインすることが重要です。
家の入隅(いりすみ)や出隅(ですみ)を上手くデザインすることで空間に変化をつけています。

ところで、家の入隅(いりすみ)、出隅(ですみ)をご存知ですか?
家の内側から見て、凹んでいる角の部分が、入隅。
家の外側から見て、出っ張っている角の部分が出隅。
入隅や出隅が多いと建築費は高くなります。イコール真四角な家ほど建築費用は抑えられるということになります。

家づくりを検討される際は、敷地によっても制限がありますので、必然的に入隅、出隅が多くなってしまうこともあります。
敷地を持ってマドリニストにご相談くださいね。



デザイン性の高い家
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「セセラの家」は西宮を中心として家づくりを行ってきているので、狭小住宅が得意です。
皆さんも「セセラの家」と聞くとこじんまりなイメージをお持ちなのでは?

しかし、大邸宅もたくさん手掛けています。

今回ご紹介の間取りもそのひとつ。

図面をみていただけるだけでそのデザイン性の高さを感じでいただけると思います。
庭の配置の仕方、みんなが集まる中庭に加え、プライベートな庭。
すっきりとおさまっている個室。
リビング階段上部のアトリウム。

図面の中に入って散策してみてくださいね。

マドリニストによる間取りのIDEA

  • 快適なワークスペースとは?
  • お部屋の印象を変える木目の使い方
  • アクセントカラーを愉しむ
  • 13坪の家 変形地を攻略
  • セカンドリビングを実現する間取りアイデア
  • 狭小地間取りはこうすると広くなる
  • 家事楽 ランドリールーム
  • スケルトン階段で広がりと明るさを演出
  • 人生で変化する事しない事に対応した間取り
  • 造作でつくろう!<br>注文住宅だからこそできる!<br>オリジナル背面収納はこれだ!!
  • 大容量!シューズインクローゼット
  • 使える!!対面キッチンカウンター
  • ステップダウンフロアで空間をゆるく間仕切る
  • ウッドデッキのある暮らし
  • おすすめ間取り 家事楽
  • 将来を考えた間取り
  • 暮らしに必要なものを使いやすく配置
  • デッドスペースはつくらない
  • 家族がつながる
  • 敷地を無駄にしない間取り
  • 料理に集中したいなら、独立型キッチン
  • 家族のこれからに寄り添った間取り
  • あえて収納部屋をつくる
  • 土地面積約20坪でも延べ床面積90㎡を確保
  • 30坪の変形地はこう活かす
  • 長方形の敷地はリビングとダイニングをバルコニーでつなぐ
  • スペースの有効活用が魅力の3階建
  • 床座生活にすることで、<br>約27坪の土地でも狭さを感じない<br>快適な生活に
  • 細長い敷地を有効活用
  • お気に入りの場所のある家
  • 日本の四季を感じられる贅沢な暮らし
  • リビングの広さはどれくらい必要?
  • 洋服と靴が好きなら?かかせないのは収納!
  • え?!こんな土地の形でも?上手く収まった間取り
  • 週末は趣味をとことん愉しむ
  • もっと料理が好きになる!家事をスマートに
  • 型にはまらない自由な間取り
  • 年中、室温22度で家中快適!
  • 三角地を上手く生かす2つの方法
  • ウッドデッキと掛け合わせたい!巨大アトリウムで開放感がありすぎる家
  • くつろぎスペースはリビングだけじゃない!畳の部屋を見直そう!
  • 家事導線を考えるなら細長の敷地が最適な理由
モデルハウスを見る 相談する 資料請求 TEL