MADORI間取り
MADORI IDEA
土地パターン別 間取りIDEA_57

セカンドリビングを実現する間取りアイデア

敷地面積
100.04㎡

間口
5.8m

3LDK + S

建築面積 55.08㎡
延床面積 103.96㎡
(1階床面積 /53.05㎡・2階床面積/50.91㎡)

セカンドリビングを実現する間取りアイデア

最近はひとつなぎの広いLDKスタイルが主流ですが、令和時代のライフスタイルにピッタリなじむ2Fのセカンドリビングの間取りのご紹介です。

アフターコロナで、生活様式が変わった今、家族のプライベートスペース確保に悩んでいる方も少なくありません。
こちらの間取りは、通り道の「廊下」という概念を捨て、バルコニーへと続くスペースをリビングとして捉え、1階のリビング階段から2階へ上がってすぐに第2のリビングを設置しました。


ひとつの家に2つのリビングをつくるのはハードルが高いイメージがあったのではないでしょうか?
廊下という人が通るだけの空間を部屋のような空間にすることで、各居室を狭くすることなく2つのリビングを可能にしました。

リビングが2つあるとこんないいことあります。
・仕事をする場所を気分によって選べる
開放的で明るい空間でゆったり仕事がしたい時には、広々ダイニングを臨時ワークスペースに。
セカンドリビングがあるので、子どもたちにはそちらで遊んでもらいます!
仕事に集中したい時は、セカンドリビングで。

・音量を気にせず映画鑑賞ができる
家族それぞれのやりたいことって意外と違う。音量の大きい映画や音楽鑑賞を存分に楽しみたい!けど気をつかってしまいますよね。そんな時は、セカンドリビングで。比較的開放的な空間で、集中しながら観賞できます。


そんないいコトだらけのセカンドリビングのある間取りですが、つくるなら気をつけて欲しいことも。

・目的や用途をある程度は明確化しておく
セカンドリビングをつくる場合、ふたつのリビングそれぞれの使い方や過ごし方をなんとなくは決めておくことが大切。
「作ったけど使わなくなってしまった」ではもったいない!
間取りを考えるときに「何に使う部屋なのか」をある程度明確化しておくと広さや開口の付け方も工夫ができます。

・動線や位置関係
メインリビングやほかの部屋との位置関係やつながり、全体の動線もしっかり考えるべきポイント。
用途と位置関係がちぐはぐだとせっかくのセカンドリビングが使いにくく、暮らしにくい家になってしまいます。


ちょっと贅沢なイメージのあるセカンドリビングですが、間取りを工夫すれば十分実現可能です。
家族全員が素敵なおうち時間を過ごせるセカンドリビング、オススメです。

マドリニストによる間取りのIDEA

  • 快適なワークスペースとは?
  • お部屋の印象を変える木目の使い方
  • アクセントカラーを愉しむ
  • 13坪の家 変形地を攻略
  • セカンドリビングを実現する間取りアイデア
  • 狭小地間取りはこうすると広くなる
  • 家事楽 ランドリールーム
  • スケルトン階段で広がりと明るさを演出
  • 人生で変化する事しない事に対応した間取り
  • 造作でつくろう!<br>注文住宅だからこそできる!<br>オリジナル背面収納はこれだ!!
  • 大容量!シューズインクローゼット
  • 使える!!対面キッチンカウンター
  • ステップダウンフロアで空間をゆるく間仕切る
  • ウッドデッキのある暮らし
  • おすすめ間取り 家事楽
  • 将来を考えた間取り
  • 暮らしに必要なものを使いやすく配置
  • デッドスペースはつくらない
  • 家族がつながる
  • 敷地を無駄にしない間取り
  • 料理に集中したいなら、独立型キッチン
  • 家族のこれからに寄り添った間取り
  • あえて収納部屋をつくる
  • 土地面積約20坪でも延べ床面積90㎡を確保
  • 30坪の変形地はこう活かす
  • 長方形の敷地はリビングとダイニングをバルコニーでつなぐ
  • スペースの有効活用が魅力の3階建
  • 床座生活にすることで、<br>約27坪の土地でも狭さを感じない<br>快適な生活に
  • 細長い敷地を有効活用
  • お気に入りの場所のある家
  • 日本の四季を感じられる贅沢な暮らし
  • リビングの広さはどれくらい必要?
  • 洋服と靴が好きなら?かかせないのは収納!
  • え?!こんな土地の形でも?上手く収まった間取り
  • 週末は趣味をとことん愉しむ
  • もっと料理が好きになる!家事をスマートに
  • 型にはまらない自由な間取り
  • 年中、室温22度で家中快適!
  • 三角地を上手く生かす2つの方法
  • ウッドデッキと掛け合わせたい!巨大アトリウムで開放感がありすぎる家
  • くつろぎスペースはリビングだけじゃない!畳の部屋を見直そう!
  • 家事導線を考えるなら細長の敷地が最適な理由
モデルハウスを見る 相談する 資料請求 TEL